ハーレクイン・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・ロマンス。これを読まずに眠れない。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

プリンセスの歌声 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ボルガルデ家の王子と結婚したあとは、世継ぎを産み、王女としての務めを果たすだけの人生が待っている。ジョエルはそう思うといてもたってもいられず、一年という期限つきで、自由な暮らしを求めてアメリカへ旅立った。歌に天性の才能を持つ彼女は、歌手として働き、自由を謳歌する。そして迎えた最後の夜。ステージ上の彼女に熱い視線を注ぐ男性がいた。いままで出会ったどんな男性とも違う、圧倒的な魅力の持ち主だ。彼にならバージンを捧げてもいい…顔さえ知らぬ王子に捧げるよりは。男性に誘われるまま、ジョエルは魅惑の一夜を共にした。彼こそが婚約者のレオ・ボルガルデ王子だとは、夢にも思わずに。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ポーター,ジェイン
アメリカ、カリフォルニア州に生まれ、十代から二十代前半は海外で過ごす。文学修士号を持ち、現在は教師をしている。夫と幼い二人の息子とともにシアトルに在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

禁じられた喜び (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
リアダンは家政婦として大きな屋敷に住み込みで働くことになった。主であるエイドリアンは有名なミステリー作家で、隠遁者のような生活を送っている。横柄で気難しい彼の言動に戸惑いながらも、心の奥を垣間見たいという思いが募り、リアダンは惹かれていくのを止められなかった。だが、その思いはのちに手ひどく裏切られることになる。エイドリアンが求めているのは彼女の愛などではなく、家政婦と愛人としての役割だけだったのだ。

内容(「MARC」データベースより)
家政婦として大きな屋敷に住み込みで働くことになったリアダン。主のエイドリアンは有名なミステリー作家だが、隠遁者のような生活を送っていた。横柄で気難しい彼の言動に戸惑いながら、次第に惹かれていくリアダンだが-。

誤解に満ちた出会い (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
悪路に車を走らせていたジョアンは、急ブレーキをかけた。行く手に男が立ちはだかったのだ。男はいきなり運転席のドアを開け、彼女を手荒に車から降ろすと、武器を隠しているはずだと身体検査を始めた。あげくに、おまえは連中の情婦だろうとののしった。でも、乱暴な言葉遣いのわりには良家の出身者特有のアクセントがあるし、着ているものも上等だ。ジョアンは人違いだと必死に訴えた。「寝返るべきだな。ぼくの情婦になるほうがずっと有利だ」。男は耳を貸そうともせずに言った。

内容(「MARC」データベースより)
悪路に車を走らせていたジョアンは、急ブレーキをかけた。行く手に男が立ちはだかったのだ。男はいきなり運転席のドアを開け、彼女を手荒に車から降ろすと、武器を隠しているはずだと身体検査を始めた…。

愛と憎しみのギリシア (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
両親の葬儀が終わったあとも、レイチェルは墓地にたたずんでいた。義父の親族の、蔑むような視線がいまなお胸を締めつける。義父マサイアスは、欲深い妻によって破滅したも同然だった。そしてレイチェルは、その妻の娘なのだ。そのとき、セバスチャンの姿が目に飛び込んできた。親族の中で、彼だけがやさしくしてくれた。何年も前から、レイチェルはそんな彼に心を寄せるようになった。「心からお悔やみを申しあげるわ」レイチェルは思わず声をかけた。彼も、親しいマサイアスの死に打ちひしがれているように見えたからだ。だが、こちらに向けられたセバスチャンの冷たい目を見て息をのんだ。

内容(「MARC」データベースより)
両親の葬儀が終わったあとも、レイチェルは墓地にたたずんでいた。義父の親族の、蔑むような視線がいまなお胸を締めつける。義父マサイアスは、欲深い妻によって破滅したも同然だった。そしてレイチェルは、その妻の娘なのだ。

赤いばらは愛 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
内戦の続くアフリカのある国の村の病院が反政府ゲリラに攻撃され、国際援助機関から派遣されていた看護婦のサマンサは負傷した。同じ病院に医師として勤務する夫ベンは即死…。爆破された病棟から危険を冒して彼女を助け出してくれたのはジャーナリストでベンの友人、ジョシュ・ハミルトンだった。サマンサと夫との間には深い溝があり、彼女の妊娠をきっかけに子供を望まないベンは離婚を切り出していた。そんなとき夫が亡くなり、2重のショックを受けたうえに妊娠しているサマンサはイギリスへの帰国を命じられた。だが帰国するには交通の便のとだえた村から飛行場のある町まで危険の多いサバンナを横断していかなければならない。1週間後、退院した彼女の前に再びジョシュ・ハミルトンが現れた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロス,キャスリン
ザンビア生まれのイギリス育ち。現在はランカシャー、アイリッシュ海に面するブラックプール郊外に住んでいる。ビューティー・セラピストとしても活躍する異色の作家。旅行が大好きで、多くの国々を訪れた。社交的で明るい射手座の女性(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛が舞い降りる聖夜―情熱の国の人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
竜巻のように激しく情熱的な男性。アロンソは、内気で臆病なソフィーにとってあまりに危険だった。だから彼の求愛から逃れ、もっと安全な男性と結婚した。夫には心から愛されなかったけれど。それにしても、夫が何者かに殺されて二年がたった今、アロンソが再び現れるなんて。惨めだった結婚生活が終わり、お金にも困っている現状を見られるのはつらい。そしてソフィーを見つめる彼の瞳は変わらずに訴えるのだ―きみはずっとぼくのものだ、と。

内容(「MARC」データベースより)
激しく情熱的なアロンソは、内気で臆病なソフィーにとってあまりに危険だった。だから彼の求愛から逃れ、もっと安全な男性と結婚した。それにしても、夫が何者かに殺されて2年がたった今、アロンソが再び現れるなんて…。

暴君に恋をして―地中海の王子たち〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
デッキの上に、女性が倒れているのが見える。マルディビノ公国の王子ニコは船に飛び乗り、黄褐色の髪をした美しい女性を助け起こした。ビーチハウスに運び、一昼夜つきっきりで看病すると、彼女はようやく意識を取り戻した。エラと名乗るその女性は、彼が誰か知らないらしく、物怖じしない態度で接してくる。ニコには新鮮な驚きだった。このまま正体を隠し続け、普通の男として恋を楽しむのはどうだろう。

内容(「MARC」データベースより)
デッキの上に、女性が倒れているのが見える。マルディビノ公国の王子ニコは船に飛び乗り、黄褐色の髪をした美しい女性を助け起した。ビーチハウスに運び、一昼夜つきっきりで看病すると、彼女はようやく意識を取り戻したが…。

白雪姫の嘘 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
優しく純真そうな彼女だが、愛する人に打ち明けられない秘密があった。飼い主から世話を頼まれている犬が、羊の群れに向かっていく。「ラッキー!だめよ!」エマは必死に呼び戻したが遅かった。牧場主のケインが冷たい怒りをたたえて現れ、今度犬が羊を追いかけたら撃ち殺す、と宣言した。独裁者を思わせる彼の風貌、そして強烈な存在感に、エマは、稲妻に体を貫かれたような激しい衝撃を感じた。その運命的な出会いのあと、ケインは何かと彼女の面倒を見ようとする。しかしある事情から、彼は決してエマが恋してはいけない男だった。しかも彼にはすでに婚約者がいるらしい。これ以上親しくなるのはやめよう。エマは自分に言い聞かせたが、すでに強く彼に惹かれていた…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ドナルド,ロビン
ニュージーランド北部の牧場主の家に1男5女の長女として生まれた。15歳で師範学校に学び、19歳で結婚、同時に小学校の教師となる。子育てを終えて一時休んでいた教職に戻り、かたわら執筆を始めた。現在は、蘭の花咲き、キウィやオレンジの実る美しい北部の村に住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

いつしか求愛―独身男に乾杯〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
一大レジャー産業をひきいる実業家ジャレット・ハンターは、高級ホテルの買収のため、カナダのスキーリゾート地に乗りこんだ。目的のホテルの女経営者サビーナ・サザランドがスキーに来ているという確かな情報を得たからだ。彼はそこで新婚ほやほやの友人夫妻に出会い、食事に誘われる。どうやらディナーの席には彼らの知り合いの女性が同席するらしい。新婚カップルの邪魔をするなんて、ろくでもない女性に決まっている。彼はそう言って断るが、アビーという元モデルの美人が現れるや、今まで恋などしたことはないのに、ひと目で心を奪われてしまう。しかしアビーなる女性の正体がわからないことから、ジャレットはいらだち、いかがわしい職業の女だろうと目星をつける。アビーこそサビーナその人だとは夢にも思わず、ジャレットは…。

残酷な誘惑 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
もう一度彼に会いたい、彼に会わなければ、という思いに駆られ、オータムは名前を偽ってまでこのオフィスへやって来た。そして、四年ぶりにソールと再会した。堂々とした長身、広い肩、黒い髪―どれもが目に親しい中で、色つきレンズのめがねだけが見慣れないものだった。この四年間、彼のことを忘れた日はなかった。いや、十三歳で出会ったときからずっとそうだった。だが、あの事故のあと、オータムは彼の前から逃げ出したのだ。ここにいるのがわたしだと知ったら、ソールがどんな態度をとるか、考えただけでも恐ろしい。彼は交通事故で視力を失い、その結果、仕事も恋人もなくした。そのすべての原因は、わたしにあるのだから。

美容外科> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <東京ぶらぶら> <高収入バイト情報> <墨田区紀行> <ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <電子たばこ> <鶯谷・うぐいすだに> <GOGO!江戸川区!> <台東紀行> <千葉の印刷なら千代田印刷> <台東クラブ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース> <アキバ中毒のページ

oooキャンプに行ってみよう!@千葉ooo A&Dooo 千葉のショッピングモールooo 使えるフリーメール比較ooo 山手線で行く!Libraryooo ばばっばっ!ばばぁ~馬場の丸撮り~♪ooo 千葉のちょっといい景色ooo お笑いタレントooo あまーい千葉スイーツタワーooo カレー大好きキレンジャー!ooo もっと知りたい!練馬区ooo 山手線エリアで味わえる庶民の味!BQグルメooo 観葉植物に囲まれてecoライフin千葉ooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo 千葉の水のおはなし.COMooo 山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo おもちゃ、ホビー.コレクションooo ダーツ大好き@千葉ooo 100均より安いooo GOGO!江戸川区!ooo